シェアする

はじめに

シェアする

本日は、「愛犬レオンの日常」に、ご訪問頂き誠に有難う御座います。


ブログランキング参加しました。ひとつでも多くの子に里親が見つかりますように。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


初めましての皆々様に、自己紹介をさせてください。

私は山梨県在住のクリスと申します。
2017現在、28歳になった私は、世の中の弾かれ者のフリーターで御座います。
山梨に彼女のお尻を追いかけ、勢いで神奈川県から引っ越して来ました。
今は、彼女と同棲です。【2017年に入籍致しました。】

スポンサーリンク

そんな私達には、夢がありました。

「愛犬を飼う」こと!!

これは、二人とも小さい頃の夢であってそのために思考錯誤していました。

お互いフリーターです。
けして裕福でなければ安定もしていません。
愛犬は子どものようなもの、お金が必要不可欠です。
それでも、犬を家族に迎えればいい家庭環境が作れるのではないか。
最近では、動物虐待などもニュースに上がる。

悔しくて仕方なかったです。
私にお金があり、その場に居合わせていたら小さい命を救えたかもしれない。
動物虐待でなくても、ペットショップに足を運べば小さい箱の中。
ペットとして買うという前に、ショップに入った瞬間叫ぶ動物たちに涙が出てしまったのです。

その場にいられないのと、お金もないからペットショップは断念。
もし、買ってもその後に愛犬を幸せに出来るかと聞かれると心ぐるしい。

半ば、愛犬を諦めてきた時、犬の里親という言葉を頭によぎりました。
この時は、里親の制度をよくわかっておらず、「お金がかからず犬が飼える!」と思っていました。

その時の自分を殴ってやりたい!

その後色々調べて、念入りに調べて、彼女と相談後。

「せっかく家に迎えるなら、人に見捨てられかけた犬を幸せにしよう」

と、決めました。

そして我が家にダックスロングの「レオン」を迎え入れました。

このホームページ(ブログ)は、レオンの日常をお伝えする以外にも、
「これから犬の里親になりたい」と願う人のお手伝いが出来ればと思っています。
他にも、里親になった後のことも参考にして頂いたり、お越しいただいた方々との交流。私達自身の勉強にもなれたらと思います。

偽善と言われても、仮に偽善だったとしても、
ひとつの小さな命が救えるなら

私は偽善者でありたい!!

里親になりたい人へ(犬・猫問わず)
このページでは、今から里親になりたい人への方法や流れを掲載していきます。 里親になる前の注意点をあげてみます。 ...

スポンサーリンク