シェアする

トミーが来てから

シェアする

image

どうもこんにちわ。
毎日の仕事をこなす事が憂鬱なクリスです。

トミーが我が家に来てもう少しで2ヶ月になるところです。時が経つのは早いものです。
そこでトミーが来てからどんなコトがあったか、これから里親になりたい人にも参考になってもらえばと思い、今日は書いていきます。

トミーは、臆病なのか気が荒いのかはまだわかりませんが、たまに噛み付きます。
嫌だと思えば噛み付きますし、吠えます。
そして、よく動きます。散歩では、9歳なのに年齢を感じさせないほどひたすら走ります。

過去のブログを見て頂ければ、レオンと如何に性格が違うかお分かり頂けると思います。

トミーくんは、もう既に埼玉と山梨の観光地に遊びに連れて行きました。
もう元気いっぱいで本当に可愛い限りです。
私達に心を割と許してくれたのか、私達に噛むコトはほとんどなくなりました。

まだ他の人は怖いかな。
あまり近づけさせられないのは、正直なところです。

我が家に来てから、いつしか耳をよく掻いていました。レオンも毎月行ってる動物病院に見せに行き、耳そうじやら肛門線やら色々綺麗にしてもらい、耳垢を先生が不思議に思い調べたらしく、どうやらノミに感染しているとのこと。

このノミは、ほとんどの成犬には感染しないそうです。原因はわかりませんが、勝手な想像ならストレスで体力が落ちてる時に感染したのでしょう。いくら里親に私達がなったとは言え、元の飼い主から最低2回も飼い主が変わったら、人間でも体調を崩すでしょう。

注射を毎週1本を3週ほど続けて終わりになります。
後は白内障をなんとかしなければ、仕事の都合上だったりとかは言い訳に過ぎないので、割愛しますが、早くなんとかしてあげなければ。

犬を迎える事は非常に大変で、手間とお金がかかるけど、その分得る事も多く、それが癒しだったり、幸せだったり、心理的なもので還元してくれる。

レオンもしかり、トミーも我が家に来たことを幸せに思ってくれたら、幸せですよね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク