シェアする

ワンちゃんの分離不安

シェアする

今はレオンと彼女はいません。

前回書いた記事の報告ですが、皮膚はなんとか完治しました。
薬とお風呂の成果もあったのかもしれません。
詳しくは「前回の記事」をご覧ください。

スポンサーリンク

ワンちゃんによくある分離不安について今日は記載していきます。

ワンちゃんは昔、群れをなして生きていた動物なので孤独を非常に恐れるそうです。
といってもしつけでなんとかなるようなのですが、長い長い孤独はいくら慣れていても厳しいです。
この、分離不安。
この症状をでないようにしつけようとしましたが、私達が原因でレオンも分離不安になってしまいました。

車でお出かけし、コンビニによって車から出た瞬間から「クンクン」鳴き始めます。
飼い主にとっては嬉しいことではありますが、やはり犬にとってはかなりのストレスになっていると思います。
といっても、なかなか常に一緒にいるのは厳しいものです。

レオンを一回ゲージにいれて、4時間ほど仕事に行ったことがありました。
帰って来てビックリ。部屋が凄まじいにおいに包まれていました。
ゲージの中で排泄し暴れまわって踏み散らかしていました。ゲージからもはみ出すほど。
ワンちゃんは基本的に潔癖なところがあるようで、自分の寝床で排泄することはほとんどないようなのですが、
そうとう不安だったのでしょう。悲惨な状況でした。

それからは仕事の間は彼女の実家でかわいがってもらう生活になっています。

しつけは色々調べたところ。
ワンちゃんとの共同生活をする上で必要なことではあります。
それでも、しつけた上で何時間も家に孤独にするのは私達には出来なかったので、実家という案にたどり着きました。
せっかく里子になったのならせめて孤独にさせないようにしてあげたいのです。

しつけ方法などの難しい事は、今後別のところに詳しく掲載して行きます。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク